Logicool(ロジクール) F310のレビューとWindows10及びSteamでの設定方法

ガジェット
スポンサーリンク

PS4などの据え置きゲームや、PCのSteamゲームでも、サードパーティ製のコントローラーが使える場合も増えてきました。

その中でも、Amazonランキング上位にランクインするほど人気なコントローラー、「Logicool F310」ゲーミングコントローラーについて、レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Logicool F310 製品外観

ダークブルーカラーを基調としたベーシックなコントローラー。
持った感じは意外と軽め。大きさは普通より少しだけ大きめに作られている印象です。

アナログスティックはグルグルと軽快に動きます。押し込みにももちろん対応しており、例えばMHW(モンハンワールド)のショートカットで使うような、倒しながら押し込みも可能です。

十字キーはややクリック感がある押しごたえですが、音は無く滑らかな感じ。

右側のABXYと割り振られた4つのボタンは、軽めのクリック感。特に引っかかりも無く、押しやすい。

USB接続タイプで、ケーブルの長さは約1.8mとロング。

製品上部

SONY系コントローラーでいうR1・L1ポジションのスイッチはソフトなクリック感。

奥のトリガースイッチは引っかかりもなく、マイルドかつスムーズな押しごたえです。

製品背面

スライドスイッチが1つあり、XInputとDirectInputを切り替えることが出来ます。

据え置きゲーム機やSteamなどで使う場合など、様々な機器に対応。

使用した感想

第一印象としては、思ってたよりも握りやすい。

プラスチッキーで少し安っぽく見えますが、スイッチの引っ掛かりや不具合など無く、扱いやすいコントローラーだと言えます。

レビュー評価があまり良くなかったので、ある種博打で購入したのですが、別段悪目立ちする箇所はありませんでした。

実際にダークソウルなど、アクションRPGで遊んでみましたが、目立った遅延もなく軽快に操作出来ています。

このコントローラーを使用し、Steam版ダークソウル3を4週プレイし、また同じくSteam版のモンスターハンターワールドも約200時間遊びましたので、耐久性についても悪くはないのではないでしょうか。

Steamで使用する場合

まず、コントローラー背面のスイッチを Xinput にします。
次にSteamクライアントから「Big Picture(ビッグ・ピクチャー・モード)」を起動します。

 

少し厄介なのですが、Steamでコントローラーを使う場合、この「Big Pictureモード」の起動が必須です。
 
 

下記画像にある通り、Steamクライアントの「表示」からBig Pictureモードを起動して下さい。

 

起動した画面の右上の設定(歯車マーク)をクリックします。

 

続いて、左側の「コントローラ設定」をクリック。

 

そして、「一般のゲームパッド設定サポート」をクリックし、チェックマークを入れましょう。
 「検出されたコントローラ」部分に、接続しているコントローラーの名前(型番)が出ていれば、正常に認識されています。

Steamでのボタンレイアウト設定方法

★先ほどの設定画面でレイアウトの設定が出来ます。
 赤で囲っている部分の「レイアウト決定」をクリック。

★変更したいボタンをマウスでクリックして、次にコントローラーのボタンを押すと言う方法で設定出来ます。

★設定が済んだら画面下部の「セーブ」をクリック、もしくはコントローラーボタンで決定して、セーブします。

私の場合、ダークソウル3をプレイしたのですが、アイテム使用とダッシュが反転していました。
なので一旦ゲームを終了し、この画面で設定をした後、再度ゲームを立ち上げる形となりました。

コメント

トップへ戻る