高輝度(強力LED)で高い防水性能を誇る NITECORE MH25GTS フラッシュライト

ガジェット
Sponsor Link

これからのアウトドアシーズンで必要になってくるのが、懐中電灯やフラッシュライトの類ではないでしょうか。通販サイトでも様々なタイプ・仕様の物を見かけるようになりました。

今回はAmazonで発見したHD LEDフラッシュライト「NITECORE MH25GTS」をご紹介します。

Sponsor Link

特徴

米国CREE社のXHP35 HD LEDを採用し、最大1800ルーメンの高輝度フラッシュライト。
・最大光量1276カンデラ、最長照射距離226メートル
5段階輝度調整に加え、SOSビーコンとストロボ機能も有り。
・外装は航空機グレードアルミ合金で出来ており、堅牢でありながら軽量さも兼ね備える。
・驚異のIPX8防水性能
・使用電池は、18650リチウムイオン充電池。(CR123×2本も可)
・電池残量インジケータや充電インジケータが付いており、ひと目でコンディションが分かる。
多彩な付属品:18650リチウムイオン充電池×1本、ストラップ、ホルスター、充電コード(USB)、予備Oリング、多言語説明書(日本語欄有り)

IPX8防水性能 とは?


IPX8とは、電子機器の防水性能に関する等級のうち、ある程度継続して水没していても内部に浸水せず、使用することができることを表す等級である。

防水に関する等級は日本工業規格やIEC規格において規定されている。0から8までの9段階に区分される。

IPX8は、一定の水深に一定時間沈めていても内部に浸水せず、また同時間内に水中で操作することができる程度の性能を示す。


出典:Weblio辞書

点灯時間

ルーメン数点灯時間(約)
モード1180030分
モード29002時間15分
モード32405時間45分
モード47019時間
モード5250時間

実際に使ってみた

パッケージを開けて出てきたのは、シックなブラックが格好いいフラッシュライト。
大きすぎず小さすぎず丁度よいサイズ感で、手にしっくりとくる。

テールスイッチタイプで、いわゆる逆手持ちの場合片手でも操作がしやすい。
前方側面のスイッチで直感的な輝度調整が出来る点も良い。
スイッチはグローブを装着した状態でも押しやすい形状となっている。

最高輝度の1800ルーメンモードで点灯させてみると、非常に明るく実用性がある。
普段使いに最適である240ルーメンでも十分な明るさ。夜間の外出時や愛犬の散歩、アウトドアから車の整備にまで使える汎用性があります。

SOSモード、ストロボモードもあり、2モード共に1800ルーメンで点灯する。
SOSビーコンモードは非常時に役立つかもしれないので、おまけ機能としては実用的。
ストロボはかなり攻撃的。1800ルーメンで激しく点灯するので、相手に向けると危険なレベル。おまけに自分も目がチカチカするので、使用場面は限られるだろう……。

サイドにはベルトやウエビングなどに付けられる「クリップ」が付属。これがあると携帯にも、一時的に引っ掛けておくのにも便利なので、すごく助かります。
豊富な付属品もありがたい。18650充電池が充電された状態で届くので、開封後すぐに使えました。

【NITECORE MH25GTS】爆光フラッシュライトレビュー

まとめ

多数のモードを選択出来るので、非常に利便性があります。手元に1本あれば、普段使いから非常用まで幅広い用途で使えること間違いなし。

IPX8の高い防水性能があるのも魅力。雨中や、これからのアウトドアシーズンにも大活躍間違いなしの1本。オススメです。

また、YouTubeに点灯の様子などを収めた動画を投稿しておりますので、よければ記事と一緒に見聞していただき、参考になれば幸いです。(上記欄の再生マークをクリック!)

コメント

トップへ戻る