使わなくなった古いHDDの新たな使い道、「外付けHDD」として活用する方法!

ガジェット
Sponsor Link

「容量アップの為に換装して余ったHDD、どうしよう…」
「PCを新調したけど、古いHDDからどうやってデータを取り出そうかな…」
と、思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は余ったHDDを外付けHDDとして活用する方法をご紹介します。

Sponsor Link

外付けキットを使ってみよう!

比較的低価格なPCパーツで有名な「玄人志向」から出ている外付けキットを使えば、簡単に余ったHDDを外付けとして再利用することが出来ます。

 

3.5インチ用でしたら、一般的なデスクトップPCのHDDが入れられます。
2.5インチ用は、ノートPC内蔵のHDDやSSDを入れる事ができます。

3.5インチHDDケース(デスクトップ用など)

2.5インチHDDケース(ノートPCやSSDなど)

GW3.5AA-SUP3の使い方

今回は余ったSeagateの1TBを例に。外付けにしてみます。
① HDDとコネクタの向きを確認し、差し込みます。

ネジ穴をなめてしまわないように注意!
② 2本のネジで固定します。

向きがありますので、確認しながら入れましょう。
③ ケースに戻します。

ね?簡単でしょ?
④ 最後にケースの前面とサイドの計4箇所をネジ留めすれば完成!

立てて置けるスタンドも付いていました。
⑤ 後はコンセントから電源を取り、USB3.0ケーブルとPCをつなげばOK。

まとめ

ケースに取り付けてネジ留めし、ケーブルをさすだけと、非常に簡単に設置が出来ました!

Windows10にも対応しており、データバンクとして実際に使っていますが、とても重宝しております。

また、USB3.0で接続するので、動画ファイルなど、それなりに重いデータの転送もかなり軽快に移動出来ています。
外出、お風呂や夕食の支度など、スキマ時間にバックアップが取れるのも強みですね。

また、データのバックアップの他、PS4などの家庭用据え置きゲーム機の読み込み速度アップにも活用できたり、TVを録画する際のHDDデッキの容量アップなど、様々な使いみちがあります。

家電量販店・Amazonなどの通販でも、外付けHDD自体は販売されていますが、まだ使えるHDDを処分するのはもったいない…と、思う方にもおすすめな方法です。参考までに!

コメント

トップへ戻る