Amazonのギフトラッピング(箱・袋)はこんな感じ!画像付きで解説。

情報記事
Sponsor Link
Amazonのギフト設定を検討する中で、以下の様な疑問を持たれたことはありませんか?
 
「ギフトラッピングってどんな感じなんだろう…?」
「Amazon経由でギフトを贈りたいけど、包装状態がよくわからない…。」
「ダンボール箱や伝票はどの様な形態で届くの…?」
 
注文画面にサンプル画像はあるけど、分かりづらいですよね。
 
そこで今回は実際に注文してみましたので、画像付きで紹介して行きたいと思います!
Sponsor Link

Amazonギフトラッピング設定で注文する方法


① ギフト設定で注文したい商品を、カートに入れます。
ギフト対象外商品、マーケットプレイスなど、一部の商品はギフト設定が出来ません。

②の参考画像
② ショッピングカートに進み、「ギフトの設定」というチェックボックスをクリックして、「レジに進む」をクリックします。

③の参考画像
メッセージを添えるだけで、印象が変わりますね!
③ 住所選択画面の後、上記の様なラッピング選択画面に切り替わります。
ココで、お好みのラッピングカラーや、のし設定を選びましょう。
ラッピングの他、ギフトメッセージカード用のテキストボックスも出てくるので、必要な場合は「50文字、5行以内」で、入力していきます。
ギフトラッピングや、のしも選べます。
④ 全ての設定が完了したら注文を確定して、後は届くのを待つだけです!

ギフト設定で届いた商品画像がこちら

今回はナーフと言う、スポンジダーツを飛ばす玩具をギフト設定にしてみました。

ギフトラッピングの赤を注文。プラス308円(2019年5月現在)で、下記画像の様な感じで届きました。

では順番に見ていきましょう!

ギフトラッピング(赤)をチョイス
中身のサイズにも合わせてくれています。
メッセージカードはこんな感じ。入力した文字がココに印刷されます。

素材感や状態の感想

ラッピング選択画面の画像が小さく、分かりづらかったので少し不安でしたが、実際に届いてみると悪くはない包装でした。

可愛らしいリボンも付いており、解くときも簡単でした。このリボンの部分に、メッセージカードがしっかりと結付けられています。

メッセージカードは非常にシンプルなものですが、一言添えるだけでも贈り物の印象がガラッと変わるかと思います。

素材としては不織布の様な感じ。二重になっているので、中身が透けて見えることもなく、配慮されていると感じました。

外箱の状態と伝票

ちなみにダンボール箱自体は、いつものAmazonダンボールで届きました。

ダンボールに貼り付けられている伝票は下記画像の様な感じで、ギフトである旨が記載されています。

贈り物である旨と、贈り主名が記載されて届きます。

最後に

ギフト設定自体はクリックするだけなので簡単ですし、ラッピングはちょっとした贈り物には十分な物だと思います。

はる次君
はる次君

ラッピングの他にも、お中元や御祝いの「のし」も設定できるのは

便利だね。

筆者
筆者

水色とかライムグリーンとか、もう少し明るい色があっても良いかも!

少しでもAmazonギフトラッピングの内容が伝われば幸いです。参考までに!

コメント

トップへ戻る