ドアに後付け鍵を簡単に設置する方法(内開き編)

ガジェット
スポンサーリンク

アパートや賃貸など、自分の意志だけで工事出来ない場所を始め、一軒家でも「内鍵」が付いていないお家はたくさんあります。


はる次君
はる次君

一時的にでもいいから、後から簡単に付けられるカギってないのかなぁ~?

筆者
筆者

それなら、良いキットがあるよ!

実際に購入してみたので、画像付きで解説して行くね。


スポンサーリンク

ガードロック 室内・錠なし内開き扉専用かんたん在宅ロック No.260

こちらの「ガードロック No.260」は、内開き扉に後付でロックをかけられるという便利なキット。

特徴

・内開き扉であれば、簡単に付けられる。
・工具で固定や、ドリルで穴あけするなど、ドア周りの加工が不要。
・ステンレス製でしっかりとした造り。その割に価格が抑えられている。
・一時的に必要な場所でも使える(場所によって使用許可を必ず取ること

設置例

こんな感じで内側へ開かないようにロックが出来ます。

プレートをドアと壁側の間にはさみ、黒いノブが付いたロックをプレートの奥へスライドさせる事で、カチカチカチ…と、段階的にロックがかかります。

外す時は逆の手順で、黒いノブを回して引き抜くだけ。簡単です。

注意点

・この商品は内開き扉専用

・固定式ではない為、取り付け・取り外しの動作がその都度必要。

まとめ

紐を付ければ、紛失防止と引っ掛けて収納できます。
ちなみに付けているのは、パラコード。

特殊な加工をドア周りに施さなくても、簡単に取り付け・取り外しができるので、賃貸や、アパートでも使えるかもしれませんね。

プライバシー対策や防犯の為にも、簡易ロックがかけられる優れたキットだと思います。

ただし、場所によってはちゃんと許可を取ってくださいね。

コメント

トップへ戻る