騒音の基準指数(デシベル)と、対策に使いたい騒音計

ガジェット
Sponsor Link

住宅の事情などで騒音トラブルになるケースは近年多発しています。

音は耳で聴くものですが、数値化して目で見ることで明確化出来ます。

そこで必要になってくるのが「騒音計」です。

Sponsor Link

騒音の基準指数について(大まかな数値)

【静か】20~30デシベル:「ささやき声」「木の葉が風でふれあう音」「深夜の郊外」など

【普通】40~50デシベル:「静かな住宅地」「図書館」「エアコン室外機」など

【うるさい】60~70デシベル:「通常会話」「チャイム」「時速40km程の自動車内」「掃除機」「賑やかな街中」など

【非常にうるさい】80デシベル以上:「ピアノ音」「工場内」「犬の鳴き声」「自動車クラクション」「電車が通るガード付近」「ヘリコプターの近く」など

【肉体的苦痛の限界】130デシベル以上:「ジェットエンジンの近く」など

 

アパート等での騒音トラブル対策にも

上記の指数にもあるように、「60デシベル以上」が続くと「うるさいな…」と感じるレベルであると言えます。

以前私は、レオパレスよりもひどいのではないかと疑ってしまうレベルの木造住宅に住んでいたことがあるのですが、やはりちょっとした音でも響きます。意図的ではないかと思ってしまう騒音問題にも遭遇したことがあります。

そういった騒音問題の証拠を取るために、数値化出来る騒音計を1台持っておくと便利かと思います。

騒音計の価格とおすすめ

Amazonなどの通販を利用すると、約2000円前後で買うことができます。

以下の様なタイプがおすすめ。

コメント

トップへ戻る