EMERSON オープントップ トリプルマガジンポーチ

サバゲー用品
スポンサーリンク

サバゲーにおいてプレートキャリアを装備される方も多いと思います。
そこで人気なのが「オープントップタイプ」のポーチ。

上部が開いており、バンジーコードでマガジンを保持します。フラップタイプと違い、素早いマガジンの取り出しが可能になっています。

今回はレプリカでありながら高品質な「EMERSON」のオープントップマガジンポーチをレビューしていきます。

スポンサーリンク

製品外観

正面はこんな感じ

マルチカムを買いました。実物生地を使用しているので、カラーリングはバッチリ。底部にはベンチレーションホールが開いています。

正面には、MOLLEウエビングが二列ずつで三段配置されています。拡張性アリ。

500D(デニール)のコーデュラナイロンが採用されており、しっかりとした生地感。縫製も全体的に綺麗です。

背面はこんな感じ

背面は4本のMOLLEが配置されており、プレートキャリア等にしっかりと保持出来ます。

留め部分はボタンではなく、黒い硬質プレートをウエビングの中へ差し込んで保持するタイプとなっています。
ベルクロやボタンと違い、若干不安ではありますが、抜け落ちることはありませんでした。

サイズ感

基本的にはM4やM16系マガジンサイズに対応したポーチとなっています。
東京マルイ次世代M4A1のマガジンと、放出品の実物M4マガジンを入れてみました。

CONDOR ガンナーライトウェイト プレートキャリア に装着したイメージ

まとめ

レプリカとは言え、実物マルチカム生地・コーデュラナイロンが使用されているので、上記画像の様にCONDORのプレートキャリアとも相性バッチリでした。

また、かなりしっかりとした造りなので、安心感もあります。

上部のバンジーコードをずらしてマガジンを引き抜くだけなので、リロードがスピーディーに行えます。しかも、取っ手も付いているので扱いやすい。

初期で付いているバンジーコードは画像の通り、M4マガジンのサイズに丁度くらいの長さで付けられているので、ややタイトな感じ。別途バンジーコードを購入して、長さなどを自分で調整して付けるなど、カスタムの余地はあります。

前面にもMOLLEウエビングがあるので拡張しても良いですし、タニケット等のアクセサリー類を付けて、装備にアクセントを出すのも良いかもしれませんね。

ネットでの評判

P-MAGで試すとジャストサイズ。

AK系マガジンの収納は厳しい。

商品をAmazonで見る場合

今回装着イメージで使用したプレートキャリア

商品を楽天で見る場合


コメント

トップへ戻る