ペットボトルでもカフェインレスコーヒー(デカフェ)を楽しみたい方に

飲食・非常食
Sponsor Link

エナジードリンクを始めとした昨今の飲料は何かと「カフェイン」が入っていることが多いです。

カフェインの過剰摂取が原因で疾患に陥る方もいるようです。そこで人気が高まっているのが「カフェインレスコーヒー(デカフェ)」です。

Sponsor Link

カフェインとは?

カフェインcaffeineCoffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチン誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料緑茶ウーロン茶紅茶ココアコーラ栄養ドリンクなどの飲料チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬鎮痛薬に用いられる。

副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する。

出典:Wikipedia

カフェインレスをペットボトル飲料で楽しみたい

私自身コーヒーが大好きなのですが、体質的にカフェインが少し苦手なのです。これは非常にツライ…。

そこで見つけたのが「UCC ビーンズ&ロースターズ カフェオレ マイルドラテ デカフェ」です。

コンビニを始め、ドラッグストアなどでも見かけるようになってきました。

UCC ビーンズ&ロースターズ カフェオレ マイルドラテ デカフェ  データ

原材料:牛乳、砂糖、カフェインレスコーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、セルロース

容量:500mlペットボトル(コールド専用)

品名:コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)

栄養成分(100mlあたり):

熱量:25kcal炭水化物:4.4g
たんぱく質:0.7gナトリウム:5~35mg
脂質:0.5gカフェイン:97%カット

実際に飲んでみて

デカフェといえば「味が薄い」印象がありますが、牛乳が入っているためかマイルドさが前面に出ている感じ。

カフェオレ特有の後味が甘ったるい感じが無く、スッキリとした飲みごたえ。

デカフェはカフェインを抜く手間がかかっているため、割高になる傾向にありますが、500mlで100円前後で買えるのが嬉しいですね。愛飲してます。

Amazonで商品を見る場合

楽天で商品を見る場合

コメント

トップへ戻る